新生銀行住宅ローンってぶっちゃけどう?

自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンの審査が必要です。
現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。
審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。
ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。
ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。
住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。
新生銀行の住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。
住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを検討されている方も多いでしょう。
借り換えとは、他の銀行へ新生銀行の住宅ローンを組み直す事です。
借り換えをする事で、毎月の返済額が減る事があります。
ですが、借り換えは必ずしもメリットだけを生みだすものではありません。
なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。
無料で借り換えができる。
という所は少ないでしょう。
借り換えにはそういったケースも含め返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。
住宅を購入する際には頭金が必要です。
頭金が0円でもOK!と言った広告も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。
月々の支払いを少なくしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。

新生銀行住宅ローン借り換えの利息と諸費用を比較