口座を開くのみならFXの知識は必要ではありません

口座を開くだけならFXの知識は不要です。
申し込み画面の指示文の通り操作するという簡単な手続きなので、パソコンや投資に詳しくなくても大丈夫です。
しかし、簡単さ故に、高いリスクを伴います。
誰でもFX口座を持つことができてしまうので、知識ゼロの状態でトレードの世界に踏み込んでしまう人もいます。
FX投資をして得た利益は課税の対象ですから確定申告が必要ですが、1年を通じて利益を出せなかった場合にはしなくてもいいです。
でも、FXによる投資を続けるなら、利益が出なかったとしても確定申告をした方がいいです。
確定申告をしておけば、損失の繰越控除が使えますから、最長で3年間、損益通算が可能です。
FXのレバレッジはどのくらいが良いかといいますと、ビギナーでしたら、2から3倍ほどが妥当でしょう。
レバレッジの限度は利用するFX業者によっても変わるので、レバレッジを高くかけられる業者もあります。
ただし、その分リスクも高まってくるため、少しのレートの変動でもロスカットをすぐにされてしまいます。
FX業者選定に際して大切なことは取引時に発生するコストです。
取引の際のコストを抑えられれば利益を出すことにつながります。
また、最低取引単位が小さい場合の方が少ない資金で始めることが可能ですし、FXを扱う業者それぞれに取引ツールの使い勝手が異なります。
さらに、モバイル取引に対応しているか否かも選定ポイントです。

レバレッジについて